FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 時々、ふと頭が冷めて、真面目になるときがあります。真面目というよりは、テンションがネガティブになるとでも言えばいいんでしょうか。まぁ、そんな感じです。

そんなときに考えるのは、9割がた戦争に関することです。もとから興味のあることですから、この時しか考えないといえば嘘になりますが。

 今、この記事を書くほんの少し前、北朝鮮で小規模なデモがあったという、ニュースサイトの記事を見てきました。ついでに、中国やロシアなど、旧東側諸国の第五世代戦闘機に関する記事もかいつまんで読んだところです。

 そんな記事を見ると、何か感じるわけです。で、それを文章に起こしたくなるわけです。小論文のテーマがこんな感じならばどれほどいいかというくらい、文章を書く欲求みたいなものが起こるわけです。私にはそのくらいしか出来ることがありませんから。

 北朝鮮などは特に、いまだに独裁体制の続く国として、皆さんがご存知の国なのではないでしょうか。私からすれば、一昔前の日本のような感覚です。あまり、こういう記事を個人の感覚を持って書きたくは無いのですが、そう感じてしまいます。

 話が逸れましたが、昨今アフリカ大陸の北側などで、反政府デモが起こっています。連鎖的に、それこそかつてナポレオンがフランス革命を起こしたときのように、各国で起こっています。

 今回の北朝鮮での一件も、その流れが波及したのではないかと突拍子も無いことを考えたりしたのですが、理由を読むまでも無くありえないと思いました。また個人的な偏見になるのかもしれませんが、独裁を敷く金総書記に半ば宗教のように盲従する国民が、デモなど起こすだろうかというわけです。

 案の定といいますか、理由は保安員が商人を殴打したからだそうです。

 しかし、この一件、がダムに開いたアリの穴にでもなれば、もしかするともしかするかも知れませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

簡易デバイス

Author:簡易デバイス
小説サイト「機械屋の奏でる詩は」を管理しきれていない永遠の17歳
リンクフリーなんですが、リンクは「機械屋の奏でる詩は」にお願いします

最新記事
とけー
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ウェブ拍手
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。