FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特に書くこともなかったんですがひとまず。

最近、また司馬遼太郎氏の「坂の上の雲」を読んでいる。また、というか続きを、というほうが正しい。

おかげさまで、文章を書くときの雰囲気というか、文章のタッチのようなものが、氏に似てきたように思う。

とはいっても、こんな若輩の私が「司馬遼太郎に似ている」などと言ったところで、氏のファンにお叱りを受けるか、笑われるかのどちらかなのだろう。

話が右往左往してしまった。以下より、今回の記事の本筋である。

先ほど―この記事を書き始めるほんの少し前―ツイッターで田母神氏のツイートを拝見した。

氏は「政府は福島県民を追い出してどうするつもりだろうか。中国人にでもくれてやるつもりだろうか」

といったような意味のツイートをされていた。

私のイメージする田母神氏らしいといえばらしいのだが、それだけに、ネットというジャーナリズムの自由度の高さに驚きを隠せなかった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

簡易デバイス

Author:簡易デバイス
小説サイト「機械屋の奏でる詩は」を管理しきれていない永遠の17歳
リンクフリーなんですが、リンクは「機械屋の奏でる詩は」にお願いします

最新記事
とけー
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ウェブ拍手
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。