FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告していたとおり続きなのですよ

どういう風に話を持って行こうか模索中ですが、纏まりつつはあります
短編だと自分の中で位置づけているので、とりあえずさっさと終わらせたいですねww

第一回
第二回

過去の物は↑からどうぞ

そして追記に続き

時空管理局 地上本部 資材部

 時空管理局では、外から調達される資材はそのすべてを資材部が管理している。資材部が申請のあった資材を調達して一手に倉庫に保管し、そこから必要な部署へと分配する。もちろん、新たに支給されるデバイスやその他諸々のパーツの類もその例に漏れなかった。
 「おい、その新しいパーツの箱な、全部こっちに持ってきてくれ。仕分けすっから」
 資材部の男が部下の男達に指示を出した。自分は仕分けの内訳の書かれた紙を持って、今からする仕事の段取りを考えていた。まぁ、先日届けられたこのパーツのほとんどは技術部に回されるわけだが。
「にしても、全職員のデバイスに換装なんて、上の考えてることはとことん分かりませんねぇ」
「なんでも新しいカートリッジシステムのテストらしいが、それにしたってなんで俺らみたいなしがない裏方にまでそんなことやらせるかねぇ?」
 山積みにされた箱を一つづつ開封して中身を確認しながら予想してみるが、やはり分かるものでもなく黙々と作業を続けるのみになってしまった。
 暫くして作業も終わった。山の様にあった箱はすべて空箱になり、中にあったものはすべて各部署に指定された量ごとに分けられて、台車の上に積まれている。
「よし。じゃあこっちの台車は込んでおいてくれるか。こっちは俺が行くから」
 技術部に台車を送るついでに、資材部全員のデバイスを技術部に預けてきた。
 彼らにとってはただ面倒ごとが増えただけだ。彼らには本来必要無いはずの戦闘訓練がスケジュールに増えたのだから。
 そう、彼らにとっては・・・・・・。




コメントの投稿

非公開コメント

No title

変な質問で申し訳ありませんが、なのはやフェイトは出ないんですか??この後、出てくるのかな??

[俊帝toshimasa]
プロフィール

簡易デバイス

Author:簡易デバイス
小説サイト「機械屋の奏でる詩は」を管理しきれていない永遠の17歳
リンクフリーなんですが、リンクは「機械屋の奏でる詩は」にお願いします

最新記事
とけー
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ウェブ拍手
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。